2019/03/30

2018-2019・その23(和賀岳)

何とかいけないかと狙っていたけど週末毎に天候が悪かった。今週こそと思ったが日曜日が悪いので1泊はやめて日帰りでチャレンジ~。
数百mだけアスファルトは雪が溶けていました。
 予想通り、岩手は快晴。いつまでもつかな。
 延々尾根を登ります。新雪がモナカ風。
 焼石連峰が見えてきた。
 北には岩手山がくっきりと。鬼ヶ城がはっきりと見える。
 で、森林限界を超えると高下岳が見えてきた。
 高下岳の北峰はあっちか。根管岳が見えて奥は羽後朝日かな。
 秋田駒がくっきりと見える。真ん中は女岳ですな。
 高下岳到着。奥には鳥海山がうっすらと。正面は和賀岳。
3時間で高下岳まで到着。まだ、9時。和賀へ行こう!!!
 これから辿る稜線。見事な雪庇です。まだ、クラックはありませんでした。
 羽後朝日と奥に森吉山。
 根管岳到着。
標柱はすべて和賀を向いている。
 根管分岐を過ぎて。
廃道だけあってちょっと灌木が育っています。
 だいぶ近づいてきた。ふう。この時は行けると思っていた。根管からはずっと下りです。
 核心の急斜面を登って一息。
ルート考えていたとき急と思っていたけどやっぱりちょっと急だった。スキーでは無理なので担いでちょっとだけ腰ラッセル。
 で、1284m峰を降りた鞍部。すでに11時。和賀まで直線で1.2km。ここから高下に戻ると13時過ぎか。天候も予報通り悪化。無理はしないで撤退決定。
 写真で見るとそれほどではないけど今日の核心。
下りはシールでは下れないので剥がして滑走モードで左側雪庇を越えて滑走♪
 羽後朝日と大荒沢山。去年行った沢尻エリカ岳はどこだろう。
 根管岳への登りが地味にきつい。
参頂は風雪舞うような状況。
 高下への最後の登り。ふう。13時を過ぎていました。
で、ここからが地獄。モナカ雪で修行系の下り。疲れた足には超辛い。
途中から牡丹雪がボサボサと降ってきた。やっぱ戻って来て正解。
で、最後の林道が平なのでまったく滑らない。もう切ないくらい滑らない。で、気が狂いそうなくらいの直線。
やっと下山。往復24kmはなかなか悶絶ものでした。
真昼温泉で暖まってからHSMTさんがお勧めのスーパーオセンへ。

これは1泊でもかなりキツいな。どうしよう。

0 件のコメント:

コメントを投稿