2015/03/07

2014-2015シーズン第21戦(船形山)

さて前から行きたいと思っていた船形山へ。
先週は不完全燃焼気味だったので今日は頑張りたいところですが、朝から雪が降っています。準備をしていると雪は止みましたがガスが・・・まったくテンション上がりません。
なんでここにあるんだ水産試験場から出発してキャンプ場を通り過ぎて思ったよりもすぐ登山口でした。
 おっ、29番。
ここは山頂に向かってだんだんデクリメントしていくようです。
597番とかだったら気絶しますな..
 結構、番号標識の間は開いています。ふう、25番まで来た。ずっとぶな林。樹林間も開いていていますが、かなり斜度が緩いのである程度雪が締まってないと下りラッセルになりそうです。今日は昨日のトレースが盛大にあるし、数cmしか沈まないので問題なさそうです。急斜面はスノーシューとかのトレースたどるとたまにスコーンと抜けるので怖い...
 広葉樹の樹氷が綺麗でした。だんだんガスも抜けてきてたまに青空も見えます。
 おっ、山頂方向かな。
ここからトレースがあちこちに分かれてどれを行ったらいいのか...結局よく分からなくなって独自の道を行くことに...
 いや~、いい感じじゃないですか。
 まさに桃源郷。
 で、トレースが消えていてよく分からないながら下ったり登ったりして升沢小屋。中は見なかったけど結構快適そうな感じでした。
番号は19番くらいから一気に8番へ。いえ~い!!!
 ちょっと尾根を登るとすぐに森林限界でした。いや~ここからしばらくが風が強くて視界がなくて辛かった。ここまできてなんとしても今日は山頂を踏むのだ!!!と突破。いつも風が強いのかほとんど雪が付いていませんでした。
ガリガリゾーンを突破してシュカブラ帯。もうすぐ山頂かなというところで晴れ間が見えてきました。いえ~い!あれは何だろう?
 山頂到着。3時間40分でした。
 山頂小屋はこっちから見ると何とかすごいことに。まあ、この面だけです。
え~、宮城側は雲海でした。
 山形側は新庄市内と思われる街が見えていました。なぜか山頂は風がない。
著名な山は見えていなかったと思います。
 30分くらいまったりとしてからまだ時間もあるので蛇ヶ岳へ縦走することに。どうも来たところピストンで戻ると登り返しそうなのでじゃ、蛇ヶ岳へということで。
 足下も見えないくらいの稜線を突破して蛇ヶ岳へ。ふう。
パトラッシュ… 疲れたろ…。僕も疲れたんだ。なんだかとてもビールが飲みたいんだ。

寒くてビールなんかいらない。ホワイトアウトで平衡感覚なくして転びながらようやく灌木があることまでやってきました。朝飯食ってから何も食ってなかったのでちょっと降りたところでおやつタイム。
雪は重重なので何とかターンしながら下山。あっという間に往路のトレースの分かれ道まで戻りました。ちょっとだけ登り返し。後はメローな斜面を下山。
台ケ森温泉の山野川旅館って1件宿なんですが、風情のある旅館の風呂で汗を流してから四川チャイナっていうコテコテの外装の中華料理屋さんで酸辣湯麺とミニ麻婆丼でお腹も満足です。

0 件のコメント:

コメントを投稿