2014/02/01

2013-2014シーズン第14戦(会津駒ヶ岳)

今シーズン初?の快晴の週末とのことなので がっつりと会津駒へ。早くもすでに何人か出発したみたいです。登山口の雪はまだそれほど多くないかんじでした。
 沢を前にして。ここさえ登り切れば楽ちん。
 最初は順調でしたが最後の最後はやはりちょっと緊張させられる。ふう。一番上はまだ埋まっていない感じでしょうか。ヘリポートまでの尾根はガリガリでした。
 ぶなを登って行きます。鳥がうるさい。
水場を過ぎると大戸沢岳が見えてきた。
 1800mを越えると反対側に燧ヶ岳が見えてきた。
 で、山頂もはっきりと確認できるように。、すでに先行者は滑っていました。山頂が見えてくるとやる気が復活してきました。
 ふう、あとちょっと。空気が薄いのかちょくちょく立ち止まる。
 越後の山々でしょうか。
 やっと着いた♪
まったり山頂と満喫してから滑走開始。最初はそこそこよかったですが下の方は春雪みたいでした。
ガリガリ尾根を避けて夏道の尾根を降りましたが結構苦行でした。
駒に登ったときは燧の湯に入ることにしているので燧の湯へ。田島まで戻るとすでに微妙な時間なので空腹のまま結局帰ることに。あ~腹減った。今日は昼はチョコしか喰ってない...
このまま週末晴れパターンにハマるといいんですが...
来週は会社のカレンダーが魅惑の4連休なので遠征予定です。

4 件のコメント:

  1. あーっ!!
    ピークでお会いしたのは なおさんでしたか!
    気づかずに大変失礼しました(*^_^*)
    お天気に恵まれて、絶景でしたね
    沢から登り返してからの尾根は、私も修行系でした(>_<)

    返信削除
    返信
    1. あれ~!!!
      もしかしてとか思ったけどまさか南会津にいるとは思いませんでした。結局沢に行っちゃったんですね。
      次回どこかであったら今度こそちゃんと確認します♪

      削除
  2. 二ヶ月くらい先のツアーみたいじゃ...

    私はすっかり戦意喪失状態。昨日はゲレンデでしたが、山形蔵王の上で雨に降られてさらに心が折れた。今週は降りそうな予報出てますがどうでせう。

    返信削除
    返信
    1. まいど。
      明日辺りから降るのではないでしょうか。週末は南岸爆弾コースで安達太良辺りもガッツリ雪がつくでしょう。

      削除