2011/01/03

2010-2011シーズン第10戦(不忘山)


天気も良さそうだし、今日もまったり朝飯を食ってから不忘山へ行ってみました。白石スキー場まで1時間くらいで到着。歩きはじめて、山頂方向を見るとこれからさらに晴れてくるのかなといった感じ。最初の平らな部分が退屈だ。














ようやく斜面に取り付いて振り返ると太平洋まで見えました。南は信達平野まで見えていました。もうちょい雪が多いといいんだけど...昨日の吾妻の感じからもう少しパウダーかなと思ったけど実際はかなりの硬雪でした。なんだよ、太板必要なかった。














で、いつしかガスが掛かって来ました。尾根に乗る手前でこんな感じ。多分、去年よりは積雪が多い。さっきまで不忘の碑が見えていたのに...
















で、不忘の碑を左に見送って尾根沿いに進むが視界なしへ。ここからは細尾根になるので滑落の危険大。どうせスキーでも滑れないし、何よりほんとに何も見えないのでここで今日は終了。不思議と風は全くなかったんですが...














で、不忘の碑まで降りて休憩&滑走準備。この辺はカチカチにクラストしていました。夏道沿いの沢を滑りましたが上部は視界がないため慎重に。大斜面はちょっと藪が邪魔だけどかっとんで滑って来ました。意外に雪質は重くもなく沈まなくちょうどいい感じでした。ゲレンデはすでに上部の急なところは地雷っていうか派手に土が出ていました(w
うーん、なかなか天気に恵まれない...

0 件のコメント:

コメントを投稿