2010/05/15

第36戦(鳥海山)


予定通りまた鳥海山へ。今日は秋田側の祓川から登りました。秋田はさすがに遠い...近頃の寒気の影響で雪が結構積もったようです。ここまでの道路も除雪された後がありました。新雪が積もったため真っ白で綺麗です。



登りはじめるとガスが出始めた。ルート上には竹竿があるので安心です。帰りもガスって居たらこの竹竿をポールに見立てて滑れば(w

七ツ釜の小屋で休憩。いったんガスは抜けたけど、これから上がまたガスって居るみたい。
少し登るとガスが抜けて頂上が見えてきました。快晴のようです。うはー風もなくて最高!

頂上直下で振り返ると雲海が...どうやら雲の中を通ってきたようです。もっと急なのかと思ったけどそれほどでもなかった。今日はシールで登り切ることが出来ました。


外輪に到着。月山も雲の下のようです。周りに山は見えませんでした。海老のしっぽが付いていてとても5月とは思えません。風もたいしたことはなくて先週とは大違いだ。
さくっと七高山(2229m)へ到着。山頂直下で話をしたボーダーのお兄さんはこれから新山へ行くらしい。うーん、アイゼン持ってきてないしどうしようかと迷っていたらお兄さんが壺で登っているのが見えたので行くことにしました。こっちから見える斜面にシュプールを刻むためにスキーも持って行きました。
外輪から降りることでちょっと微妙なところもありましたが滑落してもたいした高さでないし、下に何もないので大丈夫でしょう。で、新山(2236m)頂上到着。ボーダーのお兄さんと話をして帰ることに。

50mくらいだろうけど新山の斜面にシュプールを刻みました。左側はボーダーのお兄さん。あえてショートターンで刻んで見ました。
七高山へ戻ったら結構な人だかりでした。そのまま下ることに。斜面をみたら登ってくるがたくさん。登ってくる人の方は外してドロップ!!!
大斜面最高です。あっという間に雲海に突入。下の方は新雪がべちゃべちゃで太ももがパンパンで大変でした。しかし、上の方は5月の雪とは思えなかった。快適ザラメかと思ってたのに。
今日のお湯はフォレスタ鳥海。うーん、普通でした。さて、そろそろシーズンも終盤かと思ってたけどまだ大丈夫そうです。来週はどうしようかな。

0 件のコメント:

コメントを投稿