2018/12/23

2018-2019・その6(会津駒ヶ岳)

 3連休1日くらいは山へ行かないと・・・
ということで会津駒へ。
 冬ルートのトレースがあったので冬ルートへ。しかし、カリカリなのでシールだけでは辛い。スキーアイゼンは車に置いてきたしなぁ。
実は家に帰ってザックの中を見たらしっかり入っていましたスキーアイゼン。最近かなりきています。
 辛い思いで後に滑ったり転んだりしてようやくヘリーポートへ。
 水場の看板はまだ出ていました。
 まだ、大戸沢岳が見えていた。
 で、2000mあたり森林限界を抜けれるとガス。風はそれほどでもない。うっすらと駒ノ小屋が見えていた。
 で、山頂。
滑り降りてきた人の情報通り、標柱がな~い。
 ならばストックで捜索。
発見!!!
今日は標高2133m+3mといったところでしょうか。
 帰りは視界がちょっとだけよかったが、激重の雪で全然楽しくない。
で、水場から下は登山道を横滑りや稲妻で滑り降りるがヘリポートで手前で転んだところで気持ちも切れた。潔くスキーを背負って林道まで夏道を下ります。
たまに太ももまでぬかりながらやっと降りた。疲れた~。全身バキバキ~。
駒に行ったので駒ノ湯で暖まってから道の駅289でラーメンとミニカレーのセットを食す。
久々に登りも下りも修行系でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿