2018/03/17

2017-2018・その17(早池峰山)

 前から行きたいと思っていた早池峰山へ。
アイオン沢ちゅうところが滑れるらしい。北側の門馬の方からGO!
林道は除雪されていないので延々林道歩き。民家が終了して最初のY字の林道分岐の手前が除雪終了点。
 小1時間で握沢登山口到着。
ここはパス。気温は低い予報なのでどうな感じかな。
 闇隅沢の橋。先週の高温で橋の上を越えるほど水量だったのかな。
 檜葉の林。
そういや蝦夷赤松の群生地はどこだったっけ。
 こちらも濁流の跡。
 最後は林道ショートカットしましたが、カリカリで森の中を強引に突破。帰りは林道を下ろうと誓いました。
 で、どうにもこうにも滑るのでアイゼン・ピッケルにチェンジ。まだ林道終点手前。
 振り返ると岩手山は上の方は雲の中。
岩手山も滑ってみたい。
 で、林道終点。

 じゃーんアイオン沢。うーん、正直かなり微妙。
 サクサク上まで到着。そういや先行者もいる模様。途中でスキーからワカンにチェンジしていました。
 アイオン沢を越えるとこんな感じで岩と氷に世界に。
 帰りはこの上でスキーへチェンジしました。ガリガリ~♪
 1522mピークからの尾根。ハイマツがすでに出ていて歩きにくい。
 右側には中岳、鶏頭山。そういや、夏も登った事ないので早池峰は初めてです。
 相変わらずスキーを背負って...
後々考えればデポすればよかったかな。
 1850m越えてくると氷の世界へ。ハイマツでぬかることもなくなります。
 だんだんいい感じに。
今日はまだ冬型が抜けないので岩手山など奥羽山脈の山は雲の中。
 山頂直前は氷だけ~。
ほとんど無風です。アイゼンはサクサク刺さります。
 一等三角点の山頂到着。5時間半ほどでした。
 山頂周辺。すでに先行の二人がいました。一人は登山で別なところから登ったらしい。
 中岳の方の稜線。
 反対側の剣ヶ峰方向。
 ちゃんとスキーも持ってきたのでスキーで登ったと言えるでしょう。
 で、1500m付近までスキーを背負って下ると・・・帰りは藪を避けるように回り込んで。
で、滑りはガリガリで何も楽しくない。日が陰ったアイオン沢はさらにガリガリで最上部で強引なターンで板が外れて危うく滑落するところでした♪
開放値7ではダメですね。
で、楽々の林道迂回のはずも途中何カ所も雪が切れていてこっちが切れそうでした。
たっぷりの往復22km、単純標高差1400m弱で中々のもんでした。
スキーはまったくお勧めしません。快晴の山頂に登れたので満足です。
早池峰周辺は温泉がないのです。花巻の東和温泉まで移動してから汗を流して本日終了。

0 件のコメント:

コメントを投稿