2014/08/05

2014山その5・秋田駒から八幡平へ縦走(2日目)

4時半に起きてまったりとしてから6時半出発!!!
どう見ても藪だけど標識通りに昨日来た道が続いてます。
 向かう方向もこんな感じで最初から全身ずぶ濡れ。また滑るし...
 細かいピークを越えて大沢森。展望も何もありません。
 で、ようやく曲崎山へ登るところで振り返ると展望が開けてきた~。秋田駒ばっちりでした。手前の山頂が湿原の山は大白森。
 曲崎山山頂。山頂は何も見えません。標柱もだんだんぼろくなってきました♪
 曲崎山を下るところもこちらは裏岩手縦走路から岩手山までばっちり見えました。まだまだ遠いなぁ。
岩手山は今日もばっちり見えていました。まだまだ樹林帯が続きそうだ...
 で、八瀬森山頂。何も見えな~い。
 で、八瀬森山荘。
ここで逆方へ行く人が休んでいました。ここからはだいぶ藪はましになるそうなのでちょっとカッパ終了。
この小屋は壁は板1枚ですきま風が吹きそうでした。
 で、小屋からちょっと行った湿原。
木道がないので迷いそう。
 関東森のピーク。
もはや原型とどめてないし...
ここはピークかどうかも微妙でした。
 地点1283m。
湿原のど真ん中です。
 で、東側が開けたところへ出ました。大松倉山みたいな感じです。
 関東森分岐までもう少し。ここも湿原を突っ切って行きます。秋田駒周辺よりも季節は早いのかキスゲなどは終わっていました。
 で、最後だらだらアオモリトドマツの林を登ると縦走路へ出ました。ふう。
 岩手山と源太ヶ岳。
 こっちは刈り払いばっちりで夜露があってもカッパはいらなさそう。遊歩道みたい。
 ちょっと登って大深岳。
 明日向かう方向。
畚岳が特徴的ですなぁ。
 14時過ぎ、大深山荘到着。誰もいませんでした。早速ビール♪
超冷たい水でビール冷却中。
あっという間にキンキンに冷えました。
大乾燥大会しながらまったり。誰も来ないかと思っていましたが、盛岡からの方がお一人到着。夜はウイスキーを飲みながら情報交換。
20時前には就寝。

0 件のコメント:

コメントを投稿